機密書類を安全に処分しよう|環境のことを考えた取り組みについて

男性

意識することが大事

会議

改善活動の大小は問わない

ISO14001の取得においては、環境保護のための何かしらの活動を行なうことが求められます。企業や事業所単位での行動になりますが、工場の排出基準を抑えるなど大きい目標でなくても構いません。クールビズや電気をこまめに消す、エアコンの設定温度を調整するなど、日常的に誰でもできることを当たり前に継続させることが大事なのです。ISO14001取得の効果は、決してコスト削減のみではありません。環境問題に着手して、その結果コスト削減につながったという結果論に過ぎないのです。ただし一人ひとりの意識とは裏腹に、目的をきちんと理解していないとその行動を行なうこと自体が目的となってしまう可能性があります。そうなるとISO14001の方針からずれてしまう可能性が生じることに注意しなければなりません。

日常的にできることから

環境活動は組織の誰かが決めて行なうのではなく、そこで働く従業員全員が行なうものとなっています。環境活動の浸透していない会社に大きい目標を提示しても、それはストレスにしかなりません。環境活動を継続させるには、無理のない課題をこなして、徐々にハードルを上げることが重要なのです。特に紙の節約や電気の節約などは日常的にできることであり、この積み重ねが大きい企業であれば、それなりの効果となってコスト削減につながります。もちろんこれだけを浸透させてもゴールではありません。全員が無意識に取り組むようになれば、次のステップへと進むことが重要となってきます。そのため、ISO14001は常に終わりのない取り組みでもあるのです。