機密書類を安全に処分しよう|環境のことを考えた取り組みについて

男性

システムの規格

微笑む男性

その商品の質がわかる規格

日本においては、日本の各種団体が規格を定めています。わが国の法律に基づいた規格を定めることにより、商品の品質や安全性などを保障しています。日本工業規格や日本農業規格といわれているものが代表的な規格であり、前者が「JIS規格」後者が「JAS規格」です。これらの規格は工業標準化や技術の向上、生産の能力化に貢献することを目的として、作られています。JIS規格については、事細かくあらゆる分野について分類起用されています。工業に関することを始めとして、建築や生産分野など幅広く定めています。それにより、一定の取り決めの元に統一していくことで、あらゆる商品の質や性能が一定となります。日本の国家標準となっているために、この取り決めに定められた商品を企業は販売製造しなければなりません。

国際規格ISO

日本の規格があるように世界各国においても同様に標準規格が定められています。また、世界各国においても標準規格が定められていて「ISO」と呼ばれている国際規格があります。ISO14001はその一つであり、環境マネジメントシステムについての規格です。このISO14001は、その組織を取り巻くすべての人や物に対して組織が与えている影響を明確化することにより、悪い影響を解決するシステム作りをする国際規格です。ISO14001を取得することで、その企業が環境保全に貢献している企業としての評価を受けることが出来ます。ISO14001では、環境影響を考える規格でプランを立てて実行するだけではなく、運用管理や見直しをするという「PDCAサイクル」の過程を重視しています。