機密書類を安全に処分しよう|環境のことを考えた取り組みについて

女性

環境を守る企業として

会社

品質目標と同時進行で

ISO14001は環境に関する国際規格です。企業活動が持つ環境側面を基準に満たした会社に与えられるお墨付きと言えば分かりやすいでしょう。このISO14001の国際規格は、単独で取得する企業もありますが、多くの会社はISO9001と同時進行で取得を目指しています。ISO9001は、品質に関する国際規格です。まったく違う規格とも思えますが、実は多くの点で共通する内容があるのです。良い品質の製品を製造すると同時に、そこから生まれる環境負荷を削減させ、社会責任を遵守する目的があります。このISO14001を取得するためには、企業の体質そのものを大きく変換していかなければならない側面があります。そのためにも、企業は様々な活動に取り組んでいます。

環境マネジメントシステム

ISO14001の大きな特徴として、企業の自己宣伝が認められています。つまり、ISO14001を取得した企業は、環境活動に関することを社会にPRできるのです。ただ、環境に関することは、表面的な部分しか見えないことがあります。そこで必要になってくるのが、第三者委員による評価です。企業が社会的責任をしっかり果たしているかを監査してもらうことで、ISO14001の有用性もしっかりとアピールできることになります。ただ、ISO14001に関する活動は、コストパフォーマンスの問題が大きいため、その負担を解消する策を講じる必要があります。現在、ISO14001に代わる存在として、エコアクション21やグリーン経営認証も存在します。ISO14001にだけとらわれるのではなく、ISO9001とこのような制度を組み合わせて活動するのも一つの手です。また、企業には機密書類が沢山あり不要のものは処分したいと考えるところも多いです。ISO14001を上手く活用することで機密書類を安全に処分することができるため利用してみるとよいでしょう。

意識することが大事

会議

ISO14001は、環境基準として国際基準が制定されています。そしてこれを取得した会社は、何かしらの環境保護に対する取り組みを行なう必要があります。身近なところで紙の節約や電気の節約などから始め、徐々にハードルを上昇させることが大事なのです。

Read More..

環境に対する取り組み

オフィス

企業が環境問題に取り組んでいても、ISO14001を取得していないと信用してもらえない可能性があるので、注意が必要です。環境に関心があるなら覚えておきたいのが、ISO14001についてです。これは環境マネジメントシステムの事であり、環境問題に取り組んでいる証明になります。

Read More..

システムの規格

微笑む男性

現代においては、日本における規格や国際的な規格があります。国際規格のISO14001は、環境マネジメントシステムのことでその企業が環境保全をしているかどうかを判断することができます。ISO14001では、環境影響について「PDCAサイクル」の過程を重視しています。

Read More..